離婚したい! 離婚前の準備や注意点から相手が応じない時の対処法まで

セックスレス

「離婚したいけどどうしたらいいか分からない」「誰にも言えなくて悩んでる」など離婚問題で悩んでいる方はいませんか。

離婚を考える理由には、浮気や不倫をされた、価値観が合わないなどさまざまでしょう。

ですが、離婚を突発的に行動してしまうと相手も感情的になり泥沼化する可能性があります。

この記事では、スムーズに離婚を進めるためのポイントを紹介していきます。

離婚を考えている方は参考にしてくださいね。

まずは離婚したい理由を明確にしよう

離婚したい

最初に離婚したい理由を明確にしましょう。

相手に落ち度がある、価値観の違い、性格の不一致など理由を明確にすることで離婚の話しが進めやすくなります。

逆に別れたいという衝動にかられたまま行動すると泥沼化してしまう可能性があるので、しっかりと理由を明確にし、話しをまとめておきましょう。

性格や価値観が合わないから

離婚したい

離婚原因の上位に入るのが性格や価値観の不一致。

もともと他人同士で違った環境で育っているので、価値観のズレが生じるのは仕方のないことかもしれません。

生活リズムや些細な生活のルール、話しが合わないなど小さいことの積み重ねが離婚原因の1つになります。

不倫された

離婚したい

不倫や浮気は法律的に不貞行為にあたります。

夫婦が配偶者以外の異性と性的関係を持ってはいけない義務をお互い負っています。

なのでどちらかに不倫や浮気が発覚した場合は、結婚共同生活を脅かす重大な問題になることから、不貞行為は裁判で離婚請求できる離婚原因の1つになります。

金銭感覚の違い

離婚したい

金銭問題で離婚原因になることも少なくありません

浪費癖、生活水準の違いから起きる金銭感覚の違い、財布の共有など、お金に対する感覚が違うとお互いストレスになり長期的ななケンカや離婚の原因になります。

お互いがお金の使い方に納得できなければ共同生活は難しいので、はっきりと価値観が合わないと伝えましょう。

結婚生活が楽しくない

離婚したい

結婚生活が始まり、夢見ていた生活ではないと感じた時、急に楽しくなくなってしまします。

会話が弾まない、口を開けば喧嘩、お互いがお互いの愚痴を言い合ってるなど、楽しい未来が見出せなくるでしょう。

「結婚生活が楽しくない」と感じる理由、原因を相手にきちんと伝えることが大切です。

体の相性が悪い

離婚したい

体の相性が悪いとお互いが欲求不満になります。

自分勝手な性行為で相手が苦痛や痛みを我慢しているケースも少くありません。

体の相性が悪いのを放っておくとセックスレスになる可能性があります。離婚したいと思ったら早めに話合うことをおすすめします。

離婚したい……離婚を進める前の準備

離婚したい

離婚をする前にお互いの気持ちを再度確認しましょう。

突発的な離婚は後から後悔することが多いです。

感情的になってしまい冷静に判断できなかったり、疎遠になって話し合わないまま離婚してしまったりすると、お互いが不満を抱えながら今後生きていかなければなりません。

そうならない為にもきちんと話し合いを設け、お互いが納得のいくかたちにしましょう。

夫婦での話し合いの場を設ける

離婚したい

離婚をする前に話し合うことはとても大切です。

コミュニケーション不足が原因で離婚するケースが多いので、すれ違いのまま別れてしまいます。

できるだけ離婚という決断は最終手段として考え、双方が落ち着いて話しができるタイミング、環境を設けましょう。

お互いが納得して、円滑に離婚を進めるためにも後悔が残らないまでしっかり話し合いましょう。

対等な関係が築けていたのかを見返す

離婚したい

夫婦関係が対等でないと下に見られている方は不満がたまります。

言いたいことがあっても言い返されるんじゃないかと萎縮してしまい我慢してしまうことも。

相手は威圧していることに気づいていない可能性もあるので、話し合いの場を設けて、対等な関係が築けていたのかを再度見返してみましょう。

それでも離婚したい。離婚を提示する場合の注意点

離婚したい

離婚を提示する場合はいくつか注意が必要です。

突発的に行動してしまうと後からトラブルに発展するケースが多々あります。

スムーズに事を進めるためにも事前に財産分与、親権、自分に非がある時の慰謝料、養育費の話しはまとめておきましょう。

相手の今後のことも考え、お互いが納得いくまで話しあったら必ず、話し合って決めてことを全て離婚協議書に書き留めておくことが大切です。

財産分与を話し合う

離婚したい

財産分与とは、結婚生活中に築いた財産を分けること。

まずは、夫婦の共有財産について確認します。

基本的には、結婚期間中にできた財産は半分にするのが前提になるので、財産半分を請求する準備をしましょう。

ただしローンや負債などのマイナスの財産も、財産分与に含まれるのできちんと話し合う必要があります。

離婚協議で1番揉めやすい問題なのでお互いが納得いくまで話し合いましょう。

親権を決める

離婚したい

もし未成年の子供がいる場合は親権を決める必要があります。

母性優先の原則により母親が親権を持つケースがほとんどですが、親権を獲得する条件として、子供を育てる能力があるか、最低限生活できるくらいの経済力があるか、子供が小学校高学年くらいであれば子供の意思も尊重してあげなければなりません。

しかし子供に、「離婚したらどっちと暮らしたい」かを選択させるのはあまりにも酷な話しなので 絶対にしないようにしましょう。

養育費を考える

離婚したい

親権と同じで未成年の子供がいる場合は養育費について相手と取り決めをしておく必要があります。

養育費は非監護親(子供と離れて住む親)から、監護親(子供を保護する親)に対して支払われるお金で、子供の生活を保証する負担義務です。

まず夫婦間で話し合い、決まらない場合は離婚調停において金額や支払い方法を話し合うことになります。

養育費の取り決めをせず離婚してしまうと高い確率でトラブルになりますので注意しましょう。

自分に離婚原因がある場合は慰謝料を請求される場合も

離婚したい

もし自分に離婚原因があれば慰謝料を請求される可能性があります。

不貞行為(浮気など)の場合、結婚年数や不貞内容にもよりますが、100万~300万。

暴力やモラハラの場合は、内容や回数によりますが50万~300万となってます。

かなり高額なのでトラブルになりやすい問題です。

そういった事実がある場合は慰謝料請求されることを念頭にいれて話しを進めるといいでしょう。

妻に離婚したいことを伝えたけど応じてもらえない!理由と対処法

離婚したい

相手が離婚に応じないときは様々な理由があります。

離婚後の生活や世間の目、子供が心配など不安に押しつぶされてしまいます。

対処法として相手が不安に思っていることを解消してあげることが1番。

まずは冷静に話し合う場を設け、相手が納得できる環境を整えてあげましょう。

妻が仕事をしていない場合、離婚後の生活に不安が残るため

離婚したい

妻が専業主婦や収入が少ない場合、離婚した後の生活に不安が残ります

ずっと専業主婦として家庭を支えてきた人がいきなり仕事を探すのはハードルが高いです。

そういった経済的不安をなくすために妻の収入源や住居先など、生活環境を整えてあげることで離婚の話しはスムーズに進みやすくなります。

子供のため

離婚したい

相手が離婚しない理由として多いのは、子供のためというもの。

世間一般的には両親は一緒にいる方が良いという風潮もあるので、周りの目や子供がいじめられるんじゃないかなどが心配されます。

ですが子供のとって両親が毎日ケンカしている環境の方が嫌になるのではないでしょうか。

気づかないふりをして、1番気を使っているのは子供自身。

子供のことを1番に考えるなら、離婚後も週末は両親に会える場を設るなどして、育ちやすい環境を整えてあげましょう。

両親や近所の目を気にしている

離婚したい

両親や近所の目を気にして離婚しないケースも少なくありません。

たとえば、離婚したことを会社や子供の学校関係の人に知られたくない、親族に知られることで親戚からいろいろ言われるなど、離婚後のことを考えるだけでしんどくなります。

ですが、どちらにせよ夫婦関係が破綻している以上、結果は同じです。

離婚は夫婦間の問題なので世間体を気にせず離婚した方がいいでしょう。

離婚したいならカウンセラーに相談しよう

離婚したい

離婚したいけど他の人には相談できない、離婚自体を迷っているけどいきなり弁護に相談するのは敷居が高いなど、誰に相談していいか分からなくて悩んでいる方も多いかと思います。

そんなときはオンラインカウンセラーに相談するのがおすすめ。

家族や友人より専門的でかつ客観的にアドバイスをもらえ、弁護士に相談するよりも安くコストも抑えられます。

またオンラインカウンセリングは電話で相談できるので、自分の時間が空いてる時にどこにいても相談できるので便利です。

離婚カウンセラーは離婚を決心した場合だけでなく、関係を修復したい方など様々なケースの問題も相談できます。

1人で悩んで苦しんでいる方は、最初の相談相手としてカウンセラーに相談してみるといいでしょう。

エキサイトお悩み相談室

熟年結婚

運営歴 13年
カウンセラー在籍数 130名以上
料金 電話相談1分/100円~
メールカウンセリング1通につき1,000円~
通話料金 無料
HP エキサイトお悩み相談室

エキサイトお悩み相談室は、電話やメールで相談ができるオンラインカウンセリングサービスです。

エキサイトお悩み相談室のおすすめポイントは、24時間体制でカウンセリングが受けられる、カウンセリング料金が比較的他のカウンセリングより安いことです。

また130名以上の様々なジャンルのプロが在籍しており、厳しい審査を突破した臨床心理療法士や産業カウンセラーなどの資格を保有するカウンセラーに相談することができます。

新規会員登録をすると今なら1,000円分の割引キャンペーン特典があるので初めてオンラインカウンセリングを受ける方はエキサイトお悩み相談室を利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめカウンセラー:すみよし ひさこ先生

離婚したい

料金 電話相談 170円/1分
経験歴 9年
資格 心理カウンセラー、離婚カウンセラー、マリッジカウンセラー、上級シニアライフカウンセラー、医療事務、ピアノ調律師
相談内容 離婚、夫婦問題、不倫、同性愛、結婚、嫁姑問題、子育て、人間関係全般、モラハラ、DV、さまざまな不安など

夫婦間に問題がある方や人間関係に悩んでいる方は、すみよしひさこ先生に相談するといいでしょう。

カウンセラー経験も豊富で、否定や常識を押し付けないスタイルなので非常に相談しやすい先生です。

ご自身も結婚から、出産、子育て、離婚までさまざまな経験をされているので、経験者からの貴重なアドバイスがいただけます。

専門は夫婦の問題や家族問題ですが、それ以外の問題でも対応可能なので誰でも相談しやすいですよ。

はじめてカウンセリングを始める方はすみよしひさこ先生に相談してみてはいかがでしょうか。

評価:★★★★★ 5.0

先日離婚についてすみよし先生に相談しました。はじめてですごく緊張しましたが親身になって話しを聞いてくださり、話しやすい環境をつくってくださりました。夫婦の仲が悪く半年ほどまともに話ししない状態で、もうどうしたら分からなく悩んでいると相談したところ、すみよし先生のご自身の経験から、離婚は悪いことではないとアドバイスをいただき離婚を決心することができました。

〈33歳男性 会社員〉

オンラインカウンセリングうららか相談室

悩み相談 電話

画像引用:うららか相談室

運営歴 1年
カウンセラー在籍数 70名以上
料金 メッセージカウンセリング3回/3,600円~
ビデオカウンセリング50分/4,800円~
電話カウンセリング50分/4,800円~
対面カウンセリング50分/5,700円~
通話料金 無料
HP うららか相談室

うららか相談室は、メッセージ、ビデオ、電話、対面形式の中から、自分に合ったカウンセリング方法が選べます。

また匿名で相談ができるため、知り合いにも知られる心配はありません。

さらに、うららか相談室のプログラムでは独自のカウンセリングサービスを受けることができます。

従来オンラインカウンセリングで難しかったヒアリングシートを用いた分析や、ビデオカウンセリングとメッセージの組み合わせたプログラムなど、カウンセリング方法が豊富で1人1人に合ったサービスを提供してくれます。

問題、悩み以外にも、自分を変えたい、もっと成長したいという方は、うららか相談室のプログラムを受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめカウンセラー:松田 正子先生

離婚したい

引用:うららか相談室

料金 ビデオ・電話相談4,800円/50分
対面相談9,000円/50分
経験歴 30年
資格 臨床心理士、公認心理士
相談内容 夫婦関係、メンタルヘルス、出産、育児、結婚生活、恋愛、仕事関係、家族関係、嫁姑問題、愚痴聞きなど

精神的に病んでいる方や、シビアな問題を抱えていて誰にも話せなくて悩んでる方は、松田正子先生に相談するといいでしょう。

松田正子先生は国立大学病院精神・神経科、精神科病院、公立学校のスクールカウンセラー、心療内科クリニック等で勤務し、30年以上のキャリアを重ねた精神カウンセリングのスペシャリストです。

その30年培った知識と経験から専門的かつ客観的な目線でアドバイスをいただけます。

病院に行くまでではないが精神的に病んでて相談したいという方は、松田正子先生に相談するといいでしょう。

評価:★★★★★ 5.0

家族間の悩みを松田先生に相談させていただきました。仕事ばかりでなかなか家族とコミュニケーションが取れていなく実質家庭内別居の状態でした。正直離婚も考えたのですが、松田先生の的確なアドバイスで家族が少しづつ会話するようになりました。カウンセリングを受ける前は何が問題か分からず、人のせいばかりにしていましたが、専門の方からアドバイスしていただき自分自身に問題があることに気づくことができました。自分ひとりで悩んでも意味がないと分かったので今後は、専門科の客観的なアドバイスを聞きながら家庭円満にしていければなと思います。

〈42歳男性 自営業〉

離婚したい場合は慎重に

離婚したい

離婚をする場合は慎重に判断しましょう。

人生を大きく左右する問題なのでなかなか冷静に判断するのは難しいと思います。

友人や身内に相談したいけどシビアな問題で打ち明けることができず1人で抱え込んでしまう場合も。

そういう時は1度オンラインカウンセリングに相談してみて専門の方のアドバイスを聞くのがいいでしょう。

最初は緊張して気が進まないかもしれませんが、1回相談してみると気軽に相談できる最高のサービスだと気づくはず。

今まで悩んでいた時間が勿体なかったという意見もたくさんあります。

勇気を出してオンラインカウンセリングを始めてみてはいかがでしょうか。

あなたの人生が変わるチャンスになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です